ワイン。

この2~3年、自宅で呑む時は決まったようにワインになってしまったなあ。それも赤ワイン。お陰でフランス、オーストラリア、イタリア、チリ、スペイン、インド、トルコ、日本、南アフリカ産等25種類以上も呑みほしたかな。

ワインと言えばフランスと思っていたけど、いざ呑み始めるとワインナリーは世界中にあるのにはちょっと意外だったし、何よりもその銘柄の多さにはビックリするよ。そのことは日本酒の比じゃないね。

例えば、フランスのボルドー地方で人口6000人くらいの小さな町にワインナリーが1000個所もあるほどだから、世界中にはどのくらいあるのか想像もつかないよ。ワイン恐るべしだな。

ただ、ワインの厄介なのはその醸造方法、ぶどうの品種、色、産地、ライト、ミディアム、フルボディ等々。呑む前には相当の知識を胃の中に映しておかないとワインの美味しさを楽しめないような気がするよ。

けれども、ワシはそんな予備知識を持っているはずもなく、到底気のきいた感想なんかは言えないけど、ワインは手軽だし最近では素直に、美味しい、と感じるようになったよ。要するに美味ければどんなワインでもいいな。

値段は1000円前後がほとんどだからそんなに負担になる金額ではないよ。ただ、産地は違ってもカベルネソーヴニヨン種がワシには合っているような気がするなあ。もっとも一番多い品種らしいけどね。

本当はこの種のワインは黒コショウの香りがするらしいんだけど、正直、そんな香りを感じことは一度もないよ。まあ、ワシのワイン歴は始まったばかりだから少しづつ知識を蓄えて楽しみたいと思うよ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック