修復の終わった生子山(えんとつ山)。

半年以上も工事が行われていたけど、
3月31日で工事も終わったので早速登ってみたよ。
そして工事用の車両や重機が通った跡が残っているので、
道は以前より広くなっているのもうなずけるよ。

ただ途中で休息する為のベンチが無くなったのはちょっと残念だけど、
後日新たに設けられることを期待したいよ。
反面、広くなった為にかなり登り易くなったような気がするし、
それが証拠に6~7人の老人たちも楽しそうに登っていたよ。

頂上にはおなじみのエントツが以前のままそびえているんだけど、
基礎部分はコンクリートで固められてあれならめったなことでは倒壊することもないと思うよ。
それにエントツの周りには柵も設けられて北側には新しい道も出来て、
子供や老人たちも安心してエントツを見学することが出来るよ。

この煙突は国の産業遺産にしてされているから、
これらの修復費用は国から支出されているんだろうな。
いずれにしても、この煙突は新居浜市のシンボルだし、

なんと言っても別子銅山の象徴でもあるのだから大切にしたい産業遺産だよ。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック