新四国八十八ヶ所 13番札所下泉川林香庵。

周りは新興住宅地と墓群で囲まれた静かなところにある。
お堂の隣には老人会の建物もあり、地元に人々に親しまれているのがわかる。
ご本尊は十一面観音様でありお堂は建物は寛文年間(1660年)に建てられたらしい。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

hhtt
2012年02月29日 17:38
ここは、嫁方の墓参りにいつも行っているところです。結構道幅の狭い所に存在していますね。
ミニ
2012年03月01日 12:01
そうなんですよ。気を付けないと見過ごしてしまいそうな処にありますねえ。そして、お堂の周りはたくさんのお墓がありますが、このことは新四国の特徴です。

この記事へのトラックバック