新四国八十八カ所 14番札所上泉毘沙門堂。

このお堂の近くに寛政年間の文字を刻んだ常夜灯があるが、
元々のお堂の建立の時期と一致することが推測出来る。
寛政年間は西暦1789年から1800年までを言う。
現在のお堂は昭和55年に建立。

画像

寛政の文字がはっきりと読み取れる。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


常夜灯のある場所。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック