新四国八十八ヶ所 7番札所下郷阿弥陀堂。

山の麓にそのお堂はひっそりと建てられている。
このようなお堂はお墓に囲まれていることが多い。
多分墓守の意味合いがあるんだろう。

下郷阿弥陀堂が他のお堂と違うのは、
亡くなれた方の法要の予定が掲示されていることだ。
このことはお堂が地域に深く根ざしているんではないか。

また、面白いのは半鐘が2ツ設けられている。
一体なんの為なのかはわからないが、
昔は何らかの役目があったのかも知れない。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック