大師泉縄文遺跡&オオバタネツケバナ(大葉種付花)。

この泉付近には縄文時代から人々が生活していたと推測されている。
それが証拠には数々の土器が出土しただけでなく、
弥生時代後期の銅剣(2振り)も発見されている。

恐らく、この辺り一帯は当時は新居浜の中心地であったと推察出来る。
また、この泉の周辺にはオオバネツケバナ※の市内では唯一の群生地。
昭和52年に新居浜市の天然記念物に指定されている。

※別称テイレギとも呼ばれている食用植物。
  
画像

画像

画像

画像

画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック