新四国八十八か所20番札所 坂の下大師堂。

以前にこの大師堂はアップしたことがあるけど、
(参考 http://67863178.at.webry.info/200912/article_31.html
改めて心を込めてお参りしてみると新しい発見があるなあ。

確かに、交通観音様は篤志家の手によるものだけど、
お大師様を祀っているお堂は風雨でかなり傷んでおり、
このままではいずれは廃屋になることは確かだな。

ただ、こんな小さなお堂なのに欄間がしつらえてあるのには驚きだな。
また、お堂の傍の石碑には寄進者の名前が刻まれていて、
お百度の灯篭には明治24年の文字を確認することが出来るよ。

と言うことは、この大師堂の建立は相当古いもんだと思うし、
ひょっとしたら江戸末期まで遡るかも知れないな。
それだけでも昔の人たちは信心深かったことが窺えるよ。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック