箱根大学駅伝は駒澤大学の劇的な逆転優勝。

長い歴史のある箱根駅伝でもこんなドラマチックな幕切れも珍しいな。
それも最終区での3分以上の差からの大逆転だから凄いし、
やっぱり勝負は下駄を履くまでわからないとつくづく思ったよ。

そして、正月は箱根駅伝のテレビ中継はどうしても観てしまうなあ。
ぶっとうしで8時間近くの中継時間なのに、何故か観てしまうんだ。
理由は自分でもよくわからんけど、一生懸命走る姿が良いのかも。

だから今では正月のテレビ番組では一番の楽しみになっているよ。
今年はコロナの影響で沿道の観客は少ないと思っていたけど、
そこは正月の風物詩、例年くらいの応援風景だったかな。

ただ、その中継でいつも感じるのは画面を通して思うのは、
テレビ中継車、大会関係車、各大学の監督車それにバイク等々。
時にはテレビ画面一杯に車両が溢れているのには・・・。

あんなに車両が必要なんかなあ。
そのせいで選手たちは大量の排気ガスを吸っているだろうし、
実際、選手の健康には悪影響はないんだろうか。

それにあれだけの車両だと、いつ事故が起こってもおかしくないよ。
いっそのこと、車両はテレビ中継車と大会関係車だけにし、
監督車は廃止と言う訳にはならんのかなあ。

中継映像が車両に被って肝心の選手が見えない時もあるし、
正直、あんなに車両の多い駅伝は他には観たことがないよ。
まあ、改善点は多々あると思うけど、選手にはお疲れさんと言いたいよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント