テーマ:新居浜の神社・お寺

3年3ヶ月振りで訪れた 新四国八十八か所 19番札所 光明寺不動堂(粟嶋神社)。

市場川に架かる鉄製の赤い橋を渡って苔むした参道に足を踏み入れたけど、、 3年3ヶ月前とほとんど変わっていなかったよ。 この付近は以前からちょくちょく通っていたけど、この橋を渡ることはなかったんだ。 この日は、たまには渡ってみるか、と軽い気持ちで渡ってみたんだ。 短い参道を歩いて急勾配の70段の階段を登り切ると、 そこには以…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

瑞応寺の紅葉は?

瑞応寺の紅葉はあと一息ってとこかな? 魚眼レンズ仕様で撮りました。 境内の他の場所を何箇所か撮ってみました。 唯一、山門脇の池のモミジは真っ赤に紅葉しているよ。 ただ、有名な大銀杏(愛媛県指定天然記念物)の見頃は終わっているかな? それにしても、金色の落ち葉が地面を覆い尽くしている様は見事。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瑞応寺の紅葉はまだちょっと早いかな?

ここの参道を歩くのは本当に心が洗われるようで気持ちがいいよ。 ここが一番のシャッターチャンスの場所なんだけど、 残念ながら紅葉はちょっと早いなあ。 それでも、少し紅葉している木もあるよ。 愛媛県の天然記念物に指定されている大銀杏もちょっと早いようだ。 雲水の方に聞くと25日以降が見頃だそうだ。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十一面観音地蔵。

何故、この観音様は十一面のなのか? それは十一の顔で人々の苦しみを慈悲の心で拭い去るとされ、 像は市営住宅の小さな庭に質素な祠に祀られているよ。 ここを訪れた時、老婆がこの祠を丁寧に掃除をしていたんだ。 そして、ワシの顔を見て怪訝そうに、ここで何をしよんですか、と聞かれ、 写真を撮っていることを伝えたけど、納得した顔をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀛津神社 。

それにしても、難しい漢字を使った神社だと思ったし、 この神社名瀛津を、おきつ、とはなかなか読めないなあ。 それに祀っている市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)もあんまりなじみがないよ。 元々は沢津の大庄屋だった小野家が崇敬し後に地区一帯の氏神になったらしい。 現在も社は本殿、拝殿となっているけど、これは西条藩の寄進によるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大蔵院深谷寺(新四国八十八カ所 39番札所 山田薬師堂) 。

道沿いにひっそりとたたずんでいるお寺さんで、 不動明王を本尊なのだけど、本堂も決して大きいとは言えないし、 はっきり言って、見逃してしまいそうだよ。 ところが、このお寺さんはかつては古刹で開祖は今から1130年以上も前らしい。 それに、嵯峨天皇の皇后の菩提の為に建立されたらしいから凄いよ。 じっくり探してみると、新居浜にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白山神社のクスノキ。

この神社については以前にブログで紹介したけど、 ( http://67863178.at.webry.info/201002/article_16.html ) 自転車で走っている時、久し振りに立ち寄ってみたよ。 以前に訪れた時は気が付かなかったけど、 ここにはいたるところに、五七桐の紋、が飾り付けられていることを発見。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗像寺。

新居浜市民は宗像神社を知っている人は多いけれど、 宗像寺を知っている人は意外と少ないよ。 本尊は薬師如来で高野山真言宗で相当な古刹で、 一説によると844年創建したと言われているらしい。 ワシは庄内町に住んでいる時に初詣に行ったのはこの宗像寺。 ここの山門の2階に梵鐘があり、お参りをすると、 除夜の鐘を突くことを住職が勧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

圓福寺(平成21年2月1日掲載)。

少しだけ内容と写真を変えて再編集したものをアップしました。 かつてはこの地方では相当な巨刹だったらしい。 楼門には立派な仁王像が鎮座していて素晴らしいお寺さんだよ。 ただ、このお寺さんの境内がちょっと面白いよ。 本堂の右側と南側に立派な蘇鉄が植えられているよ。 お寺さんの境内と言えば、 銀杏の木、モミジ、松等が定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堀江神社(平成21年1月28日掲載)。

少しだけ内容と写真を変えて再編集したものをアップしました。 この神社には有名な絵馬が奉納されている。 『渡辺綱鬼女退治図』と呼ばれている大きな絵馬で縦114.4cm、横75.5cmもあるが、 現在は一般公開はされていないらしい。 作者は関石、寄進者は河野光通とされているが、いずれも詳しい経歴、史実ははわかっていない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お地蔵さん。

このお地蔵さんは何だか幸せそうに感じるなあ。 周りには野花がたくさん植えられ、すぐ側にはベンチまで設置されているし、 質素な造りではあるけれど、小屋も綺麗に掃除されているからね。 何よりもお地蔵さんの前には生き生きとした花が供えられているよ。 それによく見ると、リンや香炉、が置かれてあり、 お参りする人も多いらしく、凄く大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬淵天満宮。

この天満宮のことはPCで検索しても一切情報はなかったよ。 新しく出来た国道11号線バイパスを走っていると、 北側の低い山の中腹に御社が見えるので立ち寄ってみたんだ。 御社までは恐ろしいくらいの急階段で、 しかも手作りだから段差もまちまちで凄く登りにくかったよ。 もし足を踏み外したら完全に大怪我をしてしまうよ。 やっと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

浦渡神社。

浦渡神社の見事な絵馬や武者絵については、 以前、http://67863178.at.webry.info/200909/article_23.html にアップしたけど、 境内は桜やクスノキの大木が生茂って荘厳な雰囲気を醸し出している。 拝殿に続く階段の前には近くの泉から湧き出た清水が流れている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東雲小野神社(平成20年10月21日掲載)。

少しだけ内容と写真を変えて再編集したものをアップしました。 鳥居もなく住宅地の一角にひっそりとあるのが東雲小野神社。 よく注意して探さないと見逃してしまうほど、小さいお社があるだけの神社だ。 ただ、お社の傍らには住宅地にふさわしくないクスノキが1本あるだけ。 この神社は小野神社とも言われ、田所を統治していた小野氏に由来す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗像神社(平成20年10月10日掲載)。

少しだけ内容と写真を変えて再編集したものをアップしました。 宗像神社は昭和60年に新居浜市の史跡に指定され、 その創建は飛鳥時代に遡り、四国山脈の水によって豊かであった庄内の地で奉られ、 その凄い歴史を脈々と今日まで受け継いできた由緒ある神社。 社叢にはクスノキやイチョウなど何種類もの草木が繁り、 その中でもクスノキの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南光院本坊圓通寺(平成20年10月18日掲載)

少しだけ内容と写真を変えて再編集したものをアップしました。 大永山トンネルを抜けて47号線を別子山方面に車を走らせると、 南光院は道路の北側沿いの山端に建立されている。 山寺らしい威厳に満ち溢れた現在の南光院は明治12年に再建。 1706年、住友家が南光院快盛法印を別子銅山に迎え、 死後、その徳を偲び銅山の守り神として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東台神社。

今日ではすぐ側を広いバイパスが通っているけど、 それまでは、所謂、村の鎮守様、と言った呼び方がぴったりの神社で、 そんなに広くない境内にいると昔懐かしい気分になるよ。 拝殿と本殿は当然ながら、境内もきちんと掃除をされており、 地元の人々に根ざした神社だと言えるんじゃないかなあ。 なお、神事は外山町の浦渡神社が司っているよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青木神社(平成20年9月23日掲載)。

少しだけ内容と写真を変えて再編集したものをアップしました。 政枝町の住宅地の一角に建立されている本当に小さな御社の神社。 この地だから金子備後守に関係があり、豊臣秀吉の四国征伐の際、 討ち死にしたその青木刑部にまつわる神社らしい。 その青木刑部は、生来喘息持ちだったらしく、 合戦の最中に喘息の発作に見舞われてそれが元で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一宮神社(平成20年8月29日掲載)。

少しだけ内容と写真を変えて再編集したものをアップしました。 なんと言っても太鼓祭りのメッカは一宮神社。 ただ太鼓祭りだけでなく、神社内にうっそうと茂る90本のクスノキ群も見事な景観だよ。 中で一番大きなクスノキは幹周り9.5m、高さ29m、樹齢1000年でもはや神木化しているよ。 参道の入り口の楼門には格式と威厳を保つよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文殊神社。

この辺りを何回も歩き回ったけど文殊神社を見付けることが出来なかったけど、 この日は神社の近くに住んでいる人から場所を聞くことが出来たよ。 その人は神社まで案内してくれたばかりか、世話をしている人まで呼んでくれたよ。 やってきた人はお婆さんで、知り合いの人から頼まれてお世話をしているとのこと。 話を聞いていて面白かったのは、祠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東須賀蛭子神社(平成20年8月19日掲載)。

少しだけ内容と写真を変えて再編集したものをアップしました。 川西地区太鼓台の集まる大江浜広場にこんな神社があるのを発見。 東須賀蛭子神社と言うらしいんだけど、 東隣には二つの小さなお社とそれに垣生漁港の弁財天公園と同じような魚塚があるよ。                     ≪左から東須賀神社、稲荷神社、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市内のお寺さんの紅葉はまだまだだね(慈眼寺、真光寺、瑞応寺)。

お寺さんには自転車で走っている途中、 しょっちゅう立ち寄って境内を散策しているけど、 お寺さんの庭は紅葉にはほど遠いなあ。 紅葉シーズンともなれば慈眼寺や瑞応寺は見物の人が多いけど、 ワシが行った時には人影はなかったよ。 やはり、今年の紅葉は相当遅れているんかなあ? 慈眼寺 真光寺 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸乃神霊。

このようなお堂は新居浜でも数多く見られるが、 幸乃神霊と言うような銘は珍しい。 何を祀ってあるのか中をを覘いてもわからないが、 賽銭箱には賽銭やお米が入れられ、お参りをするは人いるらしい。 正直、幸乃神霊、の言葉自体どう言う意味なのかわからない。 地元の人に聞いてもわからないし、 果してどんな人がどんな願いを込めてお参り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白井天満宮&八幡大菩薩

自転車で走っていると新居浜にはこのような小さな神社が結構あるなあ。 お参りをすると、地元の人に愛され大切に守られているのがよくわかるし、 実際、祀られている祭壇には新しい、はなしば、等が供えられているよ。 ワシは無神論者に近いけど、このような御社は朽果てているところも多いけど、 こNな形で残っているのを見るとホッとするのはワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新四国八十八ヶ所 49番札所 北の坊仏光山阿弥陀寺。

新居浜市萩生付近の国道11号線を走っていると南側の高台に見える。 周りを白壁の塀で囲まれた境内は落ち着いた雰囲気のお寺さんである。 寺の名前の通り阿弥陀如来を本尊とし、北の坊と呼び、 金子氏並びに飯尾氏の善提寺として創建した寺である。 駐車場から急な階段を上ると鐘突き堂を兼ねた楼門をくぐると、 右手に本堂、正面には阿弥陀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳見堂(とくみどう 新居浜市大生院)。

こう言う場所に来ると子供の頃のことが鮮やかに蘇ってくるなあ。 同時に、このお堂の敷地内で暗くなるまで遊んだことが懐かしいよ。 中でも年1回開催される大きな祭りは賑やかで凄く楽しみだったし、 親に30円くらい貰って夜店の屋台で何を買おうかと迷ったものだったよ。 現在でもあの祭りは開催されているんだろうか? と思いながら敷地内を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名もなき小さな祠。

このような祠は最近ではあまり見かけなくなったよ。 どのような神様を祀られているのか、 どのような、いわれ、があるのか知る由もないが、 恐らく地元では大切にされているんじゃないかなあ。 もっとも、地元の人に聞くところによると、 ここには金毘羅さんと恵比須さんが祀られているらしいけど、 漁師町だけのことは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

弁財天宮。

この地を昔は『御茶屋』と呼んでいたらしい。 確かに、この弁財天宮の下手には御茶屋観音堂があり、 地名の由来をうがい知ることが出来る。 かつては、金子山の山麓のすそ野と言う地の利で、 石清水がコンコンと湧き出ていたらしいが、 今ではその面影はなくどよんだ小さな、すはま、が往時を偲ばせるに過ぎない。 また、この弁財天宮は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵比寿神社。

沢津漁港の西の端に恵比寿神社が建立されている。 『えびす』様は海の幸をもたらす神様として有名で、 古来より漁業関係の方々の守り神として信仰を集めている。 この沢津漁港は大江地区の漁業関係者が集団移住したと聞いているが、 大江浜の太鼓台が集まる広場の北側にも恵比寿神社が建立されていて、 恐らくは形を変え沢津漁港にも移転したも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旭地蔵堂。

昔、新須賀町一帯は大水害に見舞われたことがあったらしい。 碑からは300人近い犠牲者が出た大惨事だったことが碑からも窺える。 その後、その霊を慰め供養する為にこのお堂は建てられたらしい。 今日になってもその大惨事を忘れることなく、 地域の人々はお参りをしているようだ。 それが証拠にお供え物や花が供えられてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more